さて!ばなな 生番組の楽しい聴き方・・・

2009年07月23日

14年ぶりの和歌山公演、早稲田大学グリークラブ

ひろピー先生のピンチヒッターとして水曜担当の笹ヤンがお相手。
本日のゲストは早稲田大学校友会和歌山県支部副幹事の小村哲也さん。
14年ぶりに早稲田大学グリークラブが和歌山市で公演する。しかもグリークラブの
現部長、引土慎也さんは和歌山県新宮市の出身。今回ばかりはOBの小村さんも力が
入るところだ。


公演は8月19日(水)18:30(開場18:00)から和歌山市民会館大ホールで開かれる。
入場料は全席自由で前売り1,000円、当日1,500円。
前売り券は、和歌山放送(073-428-1431)、和歌山市民会館(073-432-1212)で発売中。
問い合わせは、早稲田大学グリークラブ和歌山特別演奏会実行委員会(080-3119-5468)まで。

早稲田大学グリークラブは、明治40年に校歌「都の西北」を歌うために発足し、昨年で100周年を
迎えた歴史と伝統のある男性合唱団で、現在の団員は120名。国内外各地で精力的に公演を行っ
ている。

当日は40名の構成でさまざまなジャンルの歌を聴かせてくれる。
また、FMワカヤマでは、10月11日(日)13:00、10月13日(火)21:00(再放送)にコンサートの
模様を放送する。

今日の小村さんの紹介曲は「和歌山県民歌」、「なごり雪」、「早稲田大学校歌」、「斉太郎節」。

カバー曲は、高橋真梨子の「オトコゴコロ」から「ワインレッドの心」、「見上げてごらん夜の星を」、
「君といつまでも」。

  

Posted by モンティ!準備人 at 21:55ひろピー先生の美!スタイル・・・

2009年07月23日

1370回 [昼飯喰] 串かつ@新世界

今日は大阪。昼飯は元祖串かつ・だるま新世界総本店で
串かつ10本と麦酒をご馳走になった。1570円。

もう何十年ぶり!通天閣のある新世界。
立派なエンタテインメント街に変身しているのに驚いた。

平日でも行列が絶えないというこの店に入店す。
喰らい終わったたら長い行列ができていた。なるほどね。

韓国からの観光客が数人・・・日本語も話せそう。
店の親方と楽しい会話の国際親善が盛り上がる。
こんな、こてこてな楽しさは、永久保存版に・・・

だるま新世界総本店:http://www.kushikatu-daruma.com/tenpo_sinsekai_honten.html
だるまの串かつの唄:http://www.youtube.com/watch?v=zOnubqeLqTI&eurl=http%3A%2F%2Fwww%2Ekushikatu%2Ddaruma%2Ecom%2Findex%2Ehtml&feature=player_embedded

-----------------------------------------------------------------------------------------------
 この似顔絵は、グラフィックデザイナー↓宇佐美コーゾーさんにいただきました。
            http://sanbariki.ikora.tv/e250882.html  
 [昼飯喰]は”演歌商店のつぶやき・・・”の同時掲載です。
 全文および過去記事はこちらへどうぞ:http://d.hatena.ne.jp/Enka/


にほんブログ村 グルメブログ ランチへ⇔役立てば・・・クリック♪ クリック♪ (1日1回ですよ)
  

Posted by モンティ!準備人 at 21:07グルメ・アート通信